SVDVD-114 極マシンバイブ拷問! 贄二 アナルWマシンバイブ 大沢佑香

 

東京での生活に疲れ果てた佑香は、逃げ出すように出て行った実家へと再び戻ってきた。
しかし、久しぶりに会う両親は、彼女をまるで腫れ物を触るように、佑香を邪険に扱った。
大好きだったお兄ちゃんだけが、彼女を温かく迎え入れてくれたのだった。
ある日、佑香は地下室を発見する。佑香の目に飛び込んできたのは、無機質に蠢くマシンバイブだった。
「お兄ちゃん…」小さく、そう呟き、彼女はマシンバイブでオナニーを始めた。
重たい空気が流れる食卓。そこにいるはずの兄には用意されていない食器。明かされる真実。
「オマエみたいな娘はもう…いらない」そう言い放った父とともに、現れたのはWマシンバイブだった。アナルとマ○コを高速で陵辱する新型マシン。
口からマ○コから垂れ流されるザーメン入り白濁液。止まることを知らないアクメ。
佑香の心と体は完全に崩壊し、快楽の奴隷へと堕ちていく…。禁断の関係が生んだ悲劇。
サディスティックヴィレッジが贈る陵辱ドラマ巨編をお見逃しなく!!

SVDVD-114-1.avcens.xyz.mp4
SVDVD-114-2.avcens.xyz.mp4

タグ: