3dsvr-1009 【VR】衝動レ●プ 宅飲み中、親友の彼女をどうしても犯したくなった。 唯井まひろ

【VR】衝動レ●プ 宅飲み中、親友の彼女をどうしても犯したくなった。 唯井まひろ

 

配信開始日: 2021/09/06 10:00~
商品発売日: 2021/09/06
収録時間: 48分
出演者: 唯井まひろ
監督: 井上ジャパン
シリーズ: —-
メーカー: SODクリエイト
レーベル: SODVR
コンテンツタイプ: 3D
ジャンル: 顔射 バック 辱め 寝取り・寝取られ・NTR 単体作品 VR専用 ハイクオリティVR
品番: 13dsvr01009
ほぼ現実レ●プ体験
ノーカットで突発的な激しい性的欲求を満たす黒い新境地。

まひろが好きだ。
でも、まひろはまひろの彼氏が好きだ。
叶わない恋。いつかは通じ合えると信じていた。
まひろに触りたい。まひろにキスしたい。まひろとセックスしたい。
好きだ、好きだ。まひろが好きだ。
俺のものにならないのなら、力づくで犯るしかない…。
ある日、気が付いた。
まひろを抑え込むだけの力と、まひろの柔らかそうなアソコにぶち込めるギンギンのものが俺にはある事に。
ユルユルの部屋着、ブラチラ、伸びる白い生足、ほろ酔いでうたた寝…。
もうダメだ。
気づいたら、まひろのぽってりした唇も、柔らかい胸も、ピンクの乳首も全て手に入っていた。
俺を拒絶するもまひろのアソコは濡れていた。
挿入すると温もりが伝わる。だが不思議と満たされなかった。
ただ嫌がるまひろの足がバタつくせいでナカがギュッと締まって感触は最高だった。
無我夢中で押さえつけて、必死に腰を振った。
もう戻る事のない関係や、まひろの笑顔を振り払うように、ただ快楽の先へと走り抜けた。

全てが果てた後、まひろは泣いていた。
ごめん。ごめん。ごめん。
俺は誰よりも、何よりもまひろが好きだった。
傷つけるつもりはなかった。
だからさ、隣で寝ている彼氏には内緒にしててくれない?笑

エロシーン、およびレ●プシーンのチャプターは完全ノーカットとなっております。
臨場感ある背徳プレイを是非体感してください。

13dsvr01009.part1.vr.AVCENS.xyz.mp4
13dsvr01009.part2.vr.AVCENS.xyz.mp4
13dsvr01009.part3.vr.AVCENS.xyz.mp4