3dsvr-1004 いつも厳しい空手部の先輩に「マッサージして」とコキ使われ、クリトリス集中刺激したら快楽堕ち!立場逆転!黒帯で拘束して、厳しくシゴいてやった。

出演
羽月うらら
メーカー
SOFT ON DEMAND
発売日
2021年09月09日 10:00
時間
1時間36分44秒
ジャンル
学園, マッサージ・リフレ, 拘束, ローション・オイル, イラマチオ
フレームレート
60fps
ファイルサイズ

ターンテーブルに・・・先輩を黒帯で拘束して・・・連続プッシートゥマウス・・・いつも厳しい先輩が・・・グルグル回転しながら・・・チンポを求めている・・・僕の肉オナホになっちゃっている・・・!!!肉オナホこと、羽月先輩は述べる。「もっと、シゴいてください・・・」【卍 全国大会常連空手女子 卍】羽月さん、空手部の先輩。唯一の女子部員。そして、黒帯。正に最強。正に全国大会常連。正に空手界の申し子。弱点なし。「あんたたち、ホント弱いわね。笑」日常、いつもの光景。羽月さんは後輩男子部員を厳しくシゴいている。僕らの体中は既にアザだらけ。僕らは羽月さんに怯えている。そして、今日・・・部活が終わり、先輩に自主練に誘われた。・・・怖い。・・・怖い。「それじゃあ、正拳突からね」「1打ったら、1返してきてね」1発2発3発・・・痛かった。僕の心は折れかけていた。「もう終わり・・・?笑」「弱っちいなぁ。笑」「じゃあ、もういいや。笑」「疲れちゃったから、マッサージして。笑」「どうせ、暇でしょ。笑」・・・許せない。僕は・・・いや、俺は男だ・・・漢なのだ!!!10分後。マッサージ開始。足のマッサージもみもみもみ・・・腰のマッサージもみもみもみ・・・や、柔らかい・・・僕は無意識により柔らかいモノを求めた・・・お尻のマッサージ。もみもみもみもみもみもみもみもみもみもみもみすると、先輩は赤面した。そして、抵抗した。「ちょ、ちょっと・・・」「別に恥ずかしくないけど・・・」「恥ずかしくないけど、もう背中はいいや」先輩は仰向けになった。内もものマッサージもみもみもみもみもみもみもみもみもみもみもみもみ先輩の股間先輩の股間先輩の股間僕は思わず凝視した。白い厚めの道着から、うっすら女の匂いがした。果たして、柔らかいのだろうか・・・??僕は冒険家になったつもりで・・・先輩の股間をマッサージ。もみもみも・・・み?もみ?もみ?・・・・・・あれ?固い??圧倒的、突起物。圧倒的、固い何か。気になる・・・もみも・・・み・・・・コリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリコリ・・・それは、クリトリスだった。先輩は女の声をあげ、・・・そして、メスになった。先輩がいつも身に着けている黒帯。黒帯をはぎ取り、先輩の身体を黒帯で拘束し、オイル塗れにして、逆襲のシゴきマッサージ先輩は激イキした。女の声をあげている!雌の声をあげている!エッチな玩具で乳首マッサージ!エッチな玩具で性器マッサージ!よじれる女体。S心をくすぐる・・・鬼イラマ!激ピストン!肉オナホと化した先輩!「もっとシゴいてください・・・」先輩!!!承知いたしました!!!!!!!!!

■監督名
夕刊

13dsvr01004.part1.vr.AVCENS.xyz.mp4
13dsvr01004.part2.vr.AVCENS.xyz.mp4
13dsvr01004.part3.vr.AVCENS.xyz.mp4